犬のしつけ飼い方を聞かないとの最近のブログ記事

柴犬 飼い方で気をつけたいのは、犬しつけ無駄吠えについてです。基本的に罰には3つの形があります。

直接的または間接的に痛みをともなう刺激を使うか、犬が楽しいと思うことを撤回するという形です。

犬しつけ無駄吠えでは、痛みをともなう刺激を与える場合があります。罰の重さは犬のサイズと性格によって変化を持たせる必要があります。残酷な罰や飼い主の気分で与える罰は許されません。

また、柴犬 飼い方では、ごほうびをもらえると学んだ行動をさせる機会を与えるのも望ましいといえるでしょう。罰を使うときは、ルールに従わなければなりません。